当院では、心臓病や高血圧、腎臓病、睡眠時無呼吸症候群などの専門的診療のほか、内科の幅広い領域の診療も行っております。

禁煙外来

  • HOME »
  • 禁煙外来

禁煙外来(保険診療)の紹介

何度チャレンジしてもなかなか止められない「禁煙」への高いハードル・・・。 たばこが止められない理由には、ニコチンという薬物への依存と、習慣や癖のような心理的依存の2つがあげられます。つまりニコチン依存は一種の病気なのです。 診療報酬改定により禁煙の治療に公的医療保険が適応されるようになり、ニコチンパッチや最近ではニコチンを含まない経口禁煙補助薬(チャンピックス®)が保険薬として認められるようになりました。 禁煙したい喫煙者を医師が支援する「禁煙外来」を持つ病院や医院も増え、禁煙をめざす方への公的環境は整えられてきています。 喫煙者の健康だけでなく、周囲へのマナーや受動喫煙を憂慮し、公共スペースの多くは禁煙に変わりつつあります。 当院でも禁煙外来を開設し、既に多くの方が禁煙に成功されています。 あなたも禁煙を決意されてはいかがでしょうか。


保険適応の条件

保険適応するには次の条件が必要になります。

□ 直ちに禁煙することを希望し、文書にて治療を同意している方 □ ニコチン依存症に関わる※スクリーニングテスト(TDS)が5点以上の方(※下記テスト参照) □ ブリンクマン指数【1日喫煙本数×喫煙年数】が200以上の方

* 禁煙治療は、初診から通常12週間(約3ヶ月)。この間、5回の受診が必要です。 * 経口禁煙補助薬(チャンピックス®)を使用した場合、診察費と薬剤費あわせて、19,000円位の費用がかかります(3割自己負担の場合)。

ニコチン依存症診断用のスクーリングテスト(TDS)

問 1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか。

問 2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

問 3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

問 4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

問 5. 問4でうかがった症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか。

問 6. 重い病気にかかったときに、たばこはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

問 7. たばこのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

問 8. たばこのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

問 9. 自分はたばこに依存していると感じることがありましたか。

問 10. たばこが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

PAGETOP
Copyright © 医療法人順典会 手島医院 All Rights Reserved.